かよ歯科医院|一般・小児・矯正・インプラント・顎関節症など|井土ヶ谷駅から徒歩0分

一般歯科

一般歯科では虫歯や予防を中心に治療を行います。歯に関するご相談はまず、一般歯科にて受付けます。またここでは、患者さんの状態を精密検査等、様々な角度から調べ、ご希望を重視しながら治療計画を立てていきます。ご不安な点がありましたらお気軽にご相談下さい。

どうして虫歯になるの?

まず虫歯の原因菌であるミュータンス菌が歯に付着しプラーク(歯垢)を作り出します。その後、砂糖などの糖質を栄養源にプラークの内部で酸をつくります。この酸が歯の成分であるカルシウムやリンを溶かし、虫歯が生まれるのです。しかし、プラーク(歯垢)が形成され始めてから実際に虫歯の原因になる酸を作り出すまでには、24~48時間かかると言われています。そのため1日1回ちゃんと歯磨きを行えば、虫歯は予防できます。

しかし 、毎日歯をきちんと磨いていたのに虫歯になってしまった…。そのような経験をされた方も少なくないでしょう。このようなケースは、ご自身ではしっかり歯磨きを行っているつもりでも、磨き残しがあり虫歯になってしまっているのです。そのため当院では、定期検診で磨き癖などを確認し、正しいブラッシング指導を行っています。また、歯茎の間の溝(歯周ポケット)まで磨ける特殊な器具を使用して清掃するP.M.T.Cや歯を強くするフッ素塗布なども虫歯予防に効果があるといわれています。

虫歯を放っておくと大変な事に…

多くの方は歯がしみたり痛みを感じ、虫歯に気づくのではないでしょうか?しかし、この症状はかなり進んでしまっているケースです。虫歯の進行状態にはC1~C4の4段階で分類されます。またC1の手前のごく初期の虫歯は、CO(「シーオー」Caries Observation=経過観察)と呼ばれています。この段階での治療は歯を削らずに、歯ブラシやクロスの正しい使い方の指導で歯の再石灰化を促進し、自然治癒で治療を行います。
 

これまでの虫歯治療は主に、修復に重点を置かれていました。しかし、虫歯になってしまった部分を削って埋めるというのは、細菌にやられた後の「後始末」です。本当に大切なことは、しっかりとした予防を行い、虫歯にならない強い歯を作ることです。たとえ虫歯になってしまっても、COの早期段階で歯を削らずに治療を終わらせことが重要です。歯を削る行為は歯や歯の周辺組織には大きな負担がかかります。そのためたとえ虫歯が治ったとしても、歯の寿命が短くなってしまっているのです。ご自身の歯で一生涯にわたり食事や会話が楽しめる幸せな生活が送れるよう、日頃のメンテナンスや定期検診を一緒に行っていきましょう!

page_top